胸の辛み

空絵

171118aka

夢のせいで何度でも原点に戻らされくすぶり再点火するのほんとう辛い。消えたように思える灯も実は木炭のようなもので延々と火種だしまざまざと魅せられる幻影みたいの本当辛い

いろんな方向性からアプローチしてくるの本当やめてほしい。ていうか全部脳内なんだけど(そこがまた辛み)

世界観を作る力

空絵

171108beki

来年度から青色申告するにあたり「フリーランス 1年目 ブログ」とかで出てきたブログ記事を読みあさっていたところ本職のイラストレーターさんのサイトに辿り着き。

やっぱりなんちゃって趣味延長と本職さんは当たり前だけど月とスッポンだなと。。比べるべくもなく技量や世界観や作品を最後まで作り込む力が全然違うなと思った。画力とかだけでなくて。

突発的収入が予定で3回(少なくとも)あるので節税のための開業届なのだけど(連載で継続収入あり雑所得扱いにはならないという希望的観測。。)スタートに立ちたい気持ちもあり自覚の意味を込めて青色にしようと。言ったもん勝ちの世界だから。と思ったんだけどあまりに本職の星が遠すぎて出鼻をくじかれ感。

「自分でも描ける」と思う絵のラインってたいがい、実際やってみたら届かない斜め上だったりするもんで、更にそれのはるか上を行くとか絶望ですね。自分に何が出来るかを模索しつつ落書きじゃないきちんとしたイラストを作りこもう話はそれからだ。届は出すけど。

棲まう慕情

空絵

170925hon

ただの残留思念かも。ときどき餌の拾い食いで大きくなる慕情

線の太さと絵や字

太めのボールペンだと上手に字が書ける(気がする)のは、太いペンはバランスが取りやすいから。太さのある線は全体のバランスを補ってくれる。

細めのボールペンだと細かく絵が書けるし私はそのほうが上手い絵になる(と思ってる)。よりバランスや細部に敏感になれるから。

よって、太めのペンで素描きをし、細めのペンで本描き(ペン入れ)をする流れが、デジタルにおいて有用。

太めでバランスを取り、細めで細部に分け入る。

で、こういう落書きに関しては、素描き=本描きのため、なるべく細めのペンで一発描きした方が意図したものが描けるらしい。ということが。

ペンサイズ2pxでも異なると、出来あがりが全く違ったものになるので初動のペンサイズ超重要。

クリスタはペンツールの初期設定保存できるけど、うっかり弄ってしまった時に戻し方が不安なので、私はツール名末尾に「●●ペン[15]」のようにデフォルトサイズを追記して使用している。久々使うツールなどうっかり忘れても安心。

アナログでも

サラサなら0.7が好きで(太いから字が上手く見える気がして)ハイテックCなら0.3かその下、字は太く、絵は細く。でもアナログならどちらでも大差ない?デジタル程は。細かい絵は太いペンでは描きにくいけど。デフォルメ絵は細いペンでも描ける。デジタルとアナログ。デジタルは、より五感が失われるので画面の細かな差異に左右されがちなのかも