トップ空絵> 下書きとか構図とか

下書きとか構図とか

空絵

tensi2

歩いた跡が道筋になる一発がきのような描き方も好きだし、最近は下書きしてみて裏側とかも描いてみてその上から必要な線だけ描くっていうのも気に入ってる。下書きしちゃうとその下書き線に引っ張られてしまうのが嫌だったので最近は下書き線は太めのペンで書くようにした。今回は透明水彩(デフォ)の太めで描いてから鉛筆Rで。下書きのポイントは描きすぎないことと見えないところもちゃんと描く。あと詳細は気にしないで自由に描く。できれば乗りすぎずノリノリで。

透明水彩Gのポイント。重ねて塗る/置くと濃くなっていくので一度で塗りきらずに同じ色を何重かに重ねると濃淡が出せて良さげ。ペン先の模様でぎざぎざが出来ることがあってそれがちょっといまいち。DL素材の水彩セットもうまく落とせなかったんだけど試したいなあ。

塗り上手くなりたい…

使用ツール

主線: 鉛筆R(DL)

塗り: 透明水彩G(DL)

ハイライト(加算発光): 飛沫(デフォ)

人体の勉強した方が良いな…と思うけどめんどい。

関連記事