トップ空絵> 返事がきてそして

返事がきてそして

空絵

160220

この週末すごいモヤってて今も心の中が沼のようだったけどコメ返してたらすこし晴れました。読者さんありがたい。

業務連絡のメールについて。こういう生身じゃないやりとりって行き違いもあるし文字から受ける印象と本来の意味合いがずれることもあるのでやっぱり(コミュ障だけど)電話に勝るものなしだなあと。そういう意味でフリー(副業)向いてない。

なしのつぶてで勝手に一人くさくさしてた件は単に返信メールの見逃しだったというおちで解決、とても良い感じにやりとりさせていただき。

もう一件なやみつつうけたほうは、私の印象からはどうも向こうの求めるものと私の与えられるものに乖離があるような気がして…そこんとこ詰められず沼になってる。

経験もないくせに単価とかを気にしている時点何様という感じだけど数少ない持ち時間を割くにあたりどうしても時間給やコスパなど考えてしまう…工作記事などはほんと数ヶ月単位でかかってることもあるので連発無理だしそれでこれって…という思いが。自サイトの記事であれば何時間かかっても気にならないのにいざ手を離れるとなると惜しくなるのは意外とケチくさい性格ってことか。今のところ正体のわからない不安や不満に押しつぶされそうで。

正直おかねじゃないんだ、経験だ。と割り切っている部分もあるし、のちのち大きくなりそうな不満点ならはやめに片付けといたほうがとおもいつつ動けない自分にまたくさくさしてる部分もあり。

むかし医局時代の新人だったころ次年度の勤務先決定を曲げようとしてくびになった同期がいたことをおもいだした。あの頃のピラミッド時代とはまた違うけど対等と捉えてよいのかわからない駆け引きになんだか心労。

関連記事