トップクリスタメモ> クリスタメモ・CLIP STUDIO PAINTで漫画を描く時におすすめのレイヤー構造と設定

クリスタメモ・CLIP STUDIO PAINTで漫画を描く時におすすめのレイヤー構造と設定

クリスタメモ クリスタ

rayer

はい予告どおりの。ブログで300本以上、商用で12本描いてみて構築されたノウハウご紹介。きっと漫画よく描くひとは知ってることばかりとは思いますが。むしろもっとおススメの設定などあれば@pucchanPC@243498までリプください。(そしてお友達になってください)

それではいってみましょー!

まずは現在使用している漫画用テンプレートのレイヤー構造など大公開!

いろいろ訂正を重ねバージョンがいくつになったかわからない漫画用テンプレート。最近使用しているのはこんな構造になってます↓

making-layer

上物フォルダの中身については後ほど。ひとつひとつ解説していきます!

コマ枠って結合したほうが便利じゃね?とおもっている理由

クリスタにデフォルトで入っている4コマや8コマなどの漫画用テンプレートって、だいたい1コマ1コマが別々のフォルダ、レイヤーに分かれていますよね。

その方が次のコマにはみ出しても影響がなく便利というのはわかるのですが。

狭い画面でやっていると、レイヤーやフォルダの移動、またコマが移動するたびに同じようなレイヤー(主線/ラフ/塗りなど)を作って、とやるのが面倒に思い。

4コマ描き始めた頃から、コマ枠は結合して使用しています。コマ枠の結合は、確かレイヤーメニューのなかのどこかにあったはず…

コマとコマの間隔がないコマ割りだったり、狭かったりすると次のコマにはみ出ることもありますが。既存テンプレートで描いてるぶんには不便に思ったことありません。

たまーに塗りがはみ出ることもあるけれど。そんなに複雑に塗ってないんで簡単に修正できてしまうという…

レイヤー移動が少ないのは便利!

ラフを何度も直して気づいた…レイヤーカラーや下書きなどはフォルダに設定するのがおすすめ!

これはCLIP STUDIO PAINTだけで作業が完結する人だけに限られますが。(※Photoshopではクリスタのフォルダ設定が引き継がれないため)

これまで必要なフォルダやレイヤーなどは全てテンプレートとして登録し、それ以上に新しくレイヤーを作ったりすることはあまりなかったのですが。

ラフを提出⇒修正した物を提出⇒を繰り返すようになり、毎度レイヤーを作って下書き設定・レイヤーカラーを設定するのは面倒だなということになり。

フォルダに設定しておけば、新規レイヤーのボタンを押すだけで全ての設定が引き継がれるのでガンガン足してガンガン描いてってことが、できて便利。

making-layer2

ちなみにラフを直すときは、修正前のレイヤーを薄く表示させておいて、新規につくったレイヤーに修正が必要な個所だけガンガンかきこみます。修正前のコピーを念のためとっておいて(非表示)修正前の不要な部分を『ざっくり消しゴム』でざっくり消したら透過度を直すと…もう書き出して提出できる状態に!

塗りなんて言っても数色しか使わんけどな…というそこのあなた。レイヤーカラーが便利です

私はフルカラーと言っても両手で足りる数(下手すれば片手)くらいの色数しか塗らないので、始めからよく使う色はテンプレートに登録済みです。やり方は簡単。べた塗りレイヤーを作って、お好みのレイヤーカラーを設定するだけ。

レイヤーカラーレイヤーカラーしつこく言ってるけどレイヤーパレットの一番右のボタン押すとレイヤーに色が着けられるあれのことです。念のため。まだ未使用の方はぜひご利用を!クリスタ便利だよクリスタ。

これの何が良いかというと、塗るたびペンの色を変える必要がないこと。レイヤーをさっと変えてぱっと塗ってまた戻って…とやっていけば簡単にレイヤーを別けつつペン色は黒のままで全部の塗りが完了。早い・うまい・便利。

絵の上に乗っかるセリフとかナレーション・描き文字は全部「上物」フォルダに隔離だよ~

タイトルまんまだけどコマを塗ったりするとき邪魔なんで、上に乗っかるものはぜんぶひとつのフォルダに隔離してます。描き順として、ラフ⇒主線⇒塗り⇒上物のことが多いので正直影響しないことも多いのですが。上物を先においても透過度を10%とか「見えるけど塗りに影響しない程度」にしておくと、セリフやナレーションなどの位置をうっすら眺めつつもそれを飛び越しながらべた塗りとかができて便利。

そんな上物フォルダの中身といえばこんな感じ。

rayer2

ここでもしつこくレイヤーカラーが出てくるのは、私は普段主線や描き文字などを黒でなくこげ茶にしているためです。黒の方は必要ありませぬ。

さて上物の中身はというとまず「白枠」フォルダがきて、その下に白抜きしないただのレイヤー(主にテキストレイヤーやフラッシュなどの吹き出し素材)たちがはいります。

白枠というのは右下の作例(※腐ではない)を見てもらうとわかると思うのですが、文字や線の周りが白抜きされているもののことをさします。(これもクリスタは便利で、クリックひとつでレイヤーやフォルダに設定できる)

これもやはりフォルダに設定してしまい、白抜きしたいな~と思う文字やらレイヤーやらはすべてここにブッ込み。レイヤーごと逐一設定する必要がなくなるので便利。

吹き出しありのセリフなどは周囲が白く抜けているとおかしい(と私は思う)ので、白枠フォルダには入れず上物フォルダに直接ぶっこみます。

この際、白枠フォルダ以下にしておくと、例えばセリフの中身を手描きしたい場合でも白枠内の描き文字レイヤーで代用できるので個人的に便利(何を言ってるのかよくわからないと思うが)

ちなみにコマ外にはみ出したいセリフなど作る場合は、全体のコマ枠フォルダーよりも上にテキストレイヤーを作って吹き出しでかこむことになるかと。私は4コマがメインであまりはみ出して使うことがないので現テンプレートファイルには用意してません。

よく使うレイヤーとかはレイヤーテンプレートに設定しておいたほうがいいと思うよ

たぶんこれもすでに使っている人には今更な話だが…ここまで紹介したような、良く使うレイヤーやフォルダの構造などは、一度テンプレートとして登録すれば後から何度も同じものを呼び出せてすごく便利。やってないひとは今スグやろう!

[編集]メニュー→[レイヤーをテンプレート素材として登録]から登録できるよ。ちなみに、レイヤーに書かれた文字なんかもそのまま登録されてしまうので、今使ってるファイルから登録する場合は全部白紙にした状態で登録すべし。逆によく使うコピーライトなど(©ほにゃらら~とか@ほにゃららてやつ)は、あらかじめ書かれた状態で登録すると次回からそれをそのまま使えるので逆に便利だよ。というか私はそうやって使ってる。

ブログでは表示したくないけどツイッターでは出したいな!というコピーライト表示などは透過の上に白文字で書くと良いという話

もはや作例がないので初めて読む人には何が何だかわからないと思うが…。私は普段4コマの画像の下に「©作者名/@アカウント」のようなコピーライトを入れているのだけど、これってブログに投稿するときは邪魔なもの。

SNSにもブログにも同じ画像を連動させて自動的に投稿している(Bufferというサービスを使ってるよ)ので、どうにかならんかなーとおもってとっているのがこの方法。

つまり、4コマテンプレートの一番下に存在している背景の白レイヤーを非表示にして背景全体を透過にし、その透過部分に白文字でコピーライトを書くというもの。

文字だけで説明すると意味不だな…でも作例画像を用意してなかったんよ…すまぬ@pucchanPCのタイムラインで4コマ画像をご確認ください。

こうすると、ツイッターで拡大表示したときはコピーライトが表示されるけれど、通常の白背景の場合(ブログやタイムライン表示など)ではわからなくなるという便利技。よくクリックしたときだけ絵が浮き出る画像とかってタイムラインで流行ったよね。あれと同じ原理。

まあ解説するまでもないのかなと思ったけど個人的に便利にしてるのでせっかくだからシェア~。ふふ。こんな場末ブログで。読んでるひといるかな…。

まとめ

とまあこんな感じでふたご絵日記は描かれてます。なんか参考になれば。商用というのは5月に始まる予定(らしい)の子育てサイトに寄稿予定の4コマのこと。同じく子育てエッセイ4コマなのでほぼ素人丸出しですが…orz

けっこう頑張って書いたからシェアしてもらえると嬉しいよ!!でも恥ずかしいので自分ではしない。そんな私をお許しください。

エゴサーチしないんでシェアの際は@リプお気軽に(そして友達に以下略)

現場からは以上です!!では良いクリスタライフを!!

関連記事