トップ空絵> 絵の息抜きが絵

絵の息抜きが絵

空絵

161109nami

まえに仕事の合間息抜きとして絵を描くイラストレーターさんの話で「それだけ仕事で描いてるのにまだ息抜きが絵とかすごい」的な感想書いたけど何となくわかったのは、

ペン入れとか決まった『作業』の合間にわたしも何か別の物が(自由に)描きたくなって、新規タブぱっと開いて10分くらいでらくがきする感覚と似てるのかな~と。

別の線を走りたくなるんでわっと描き出すとスッキリしてまた作業に戻れるんでこういうことかなぁ

リアル画が描けてデフォルメ画が描けない人の特徴

これも妄想だけどリアルな画ってパズルを埋めてくように端から詳細を継ぎ足してくだけで完成したりするんで、そうやってアタリなしに画を描くやり方のひとが情報の少ないデフォルメ画に落とし込もうとしたときにバランスがうまく取れなくておかしなデフォルメになるのかなあとおもった。

というかデフォルメはデフォルメの練習が必要だよね。

あと同じくアタリなし一発屋はちょっとしたことでクオリティが変わったりするので漫勉に出てきた漫画家が皆アタリから始めるのって『同じクオリティの画を量産する』ためなのではと。

あれを見てからアタリの練習しよ!ておもって結局テトリスみたいに端から埋めてく描き方のほうが楽しいのでやらなくなった…

アタリも効率よくとれば時短&バランス向上になるとおもうんだけどな。

一発で描くことの、真っ白な雪を踏んでいく感がどうにも好きなんだ

関連記事