トップ空絵> プロの漫画家と素人漫画描きの違いがわかった日

プロの漫画家と素人漫画描きの違いがわかった日

空絵

170206ara.png

とあるアラ子さんというプロの漫画家さんがいて漫画がめちゃ面白くやはりプロは違うなと思っていたんだけど、おぼろげに感じていたプロとアマの差を、全く別の記事を読んでいてなるほどと思った。以下、honzというサイトからの全く別の漫画に対するレビューより引用。
この次は、物語のコツがわかってきて、自分が経験していないことでも、取材してうまくかけるようになるだろう。
人は努力で変わる。新人マンガ家・矢島光の成長 『彼女のいる彼氏』 - マンガHONZ
あ~なるほどと。自分の体験したことをそのまま漫画にしたものは星の数ほどあってプロでなくてもブログ発の本が沢山出る今の時代。でもプロのエッセイストや漫画家の違いは『物語として』面白い漫画をいかに描けるかってことなんだなと腑に落ちた。納得。
漫画の面白さって絵とは全然別の次元にあって、絵が描けるだけじゃ面白い漫画が描けることにはならないんだなと、当たり前のことかもしれないけどプロとアマの差ってそこにあるんだなあと改めて思ったのでメモ。
ただしエッセイは元となる体験がいかに面白いかという「ネタ勝負」な所があって、だからこそ面白いネタを「取材」して漫画家は漫画を描くんだけど、いわゆるブログ本であればネタとPVさえあれば本にはなるしビジネスとして全く別次元である。ネットの普及で発表することの敷居がすごく下がり本当に見失いそうになるくらい沢山の作品を簡単に読める時代になったけど、きちんとプロとアマの差はここにあった。
素人の私が心配することじゃないけどなんか良かった。ほっとした。

関連記事