トップ空絵> 棲まう慕情

棲まう慕情

空絵

170925hon

ただの残留思念かも。ときどき餌の拾い食いで大きくなる慕情

線の太さと絵や字

太めのボールペンだと上手に字が書ける(気がする)のは、太いペンはバランスが取りやすいから。太さのある線は全体のバランスを補ってくれる。

細めのボールペンだと細かく絵が書けるし私はそのほうが上手い絵になる(と思ってる)。よりバランスや細部に敏感になれるから。

よって、太めのペンで素描きをし、細めのペンで本描き(ペン入れ)をする流れが、デジタルにおいて有用。

太めでバランスを取り、細めで細部に分け入る。

で、こういう落書きに関しては、素描き=本描きのため、なるべく細めのペンで一発描きした方が意図したものが描けるらしい。ということが。

ペンサイズ2pxでも異なると、出来あがりが全く違ったものになるので初動のペンサイズ超重要。

クリスタはペンツールの初期設定保存できるけど、うっかり弄ってしまった時に戻し方が不安なので、私はツール名末尾に「●●ペン[15]」のようにデフォルトサイズを追記して使用している。久々使うツールなどうっかり忘れても安心。

アナログでも

サラサなら0.7が好きで(太いから字が上手く見える気がして)ハイテックCなら0.3かその下、字は太く、絵は細く。でもアナログならどちらでも大差ない?デジタル程は。細かい絵は太いペンでは描きにくいけど。デフォルメ絵は細いペンでも描ける。デジタルとアナログ。デジタルは、より五感が失われるので画面の細かな差異に左右されがちなのかも

関連記事